雀魂の「紫の贈り物」は貴重なアイテムなので無駄遣い厳禁!その用途と入手方法についてまとめました

雀魂(じゃんたま)には色々なアイテムが登場しますが、その中でも「紫の贈り物」は扱いがやや難しい部分がありますので、本記事で簡単にまとめていきたいと思います。

 

 「紫の贈り物」とは?

雀魂には雀士にプレゼントすることができる「贈り物」という種類のアイテムがあります。

贈り物は「倉庫」から確認することができ、

・クッキー系
・ゲーム機系
・絵画系
・お酒のグラス系
・宝石系
・ティディベア系
・同人誌系
・衣装系

の8系統が存在します。

そしてそれぞれ緑・青・紫の3色がありますので、合計24種類の贈り物が存在することになります。

こちらのアイテムデータベースにまとめてありますので参考にしてください。

 

紫色の贈り物は以下の8種類になります。

香ばしいクッキー 次世代ゲーム機

不朽の名画 高級ワイングラス

碧洋のハート テディベアXXL

大手の同人誌 派手なワンピース

 

これらの紫の贈り物については、他の緑・青よりも格段に入手が難しいため、扱いは慎重に行う必要があります。

以下に使いみちと入手方法を解説しますので、計画的に使用するようにしましょう。

 

 紫の贈り物の使いみち

紫の贈り物の用途はいくつかありますが、特に1番目の用途が重要です。

1.キャラクター(雀士)との契約素材として5個必要

キャラクターとの絆がMAXになると、特定の素材を集めることで、そのキャラクターと「契約」をすることができます。

契約をすることでキャラクターのグラフィックが変化し使用できるスタンプが3つ増えますので、お気に入りのキャラクターがいれば誰もが目指したくなるところです。

必要となる素材はいくつかありますが、そのうちハードルとなりやすいのがこの「紫の贈り物」になります。

入手難易度が高いこのアイテムを5個も要求されるためです。

対象キャラクター契約に必要な紫の贈り物
・一姫
・八木唯
・ワン次郎
・石原碓海
 ×5個
・ジニア
・五十嵐陽菜
・一ノ瀬空
・エイン
 ×5個
・藤田佳奈
・涼宮杏樹
・寺崎千穂理
・明智英樹
・如月蓮
 ×5個
・撫子
・四宮夏生
・ジョセフ
・月見山
 ×5個
・二階堂美樹
・カーヴィ
・かぐや姫
・斎藤治
 ×5個
・三上千織
・小鳥遊雛田
・雛桃
・エリサ
 ×5個
・相原舞
・二之宮花
・白石奈々
 ×5個
・九条璃雨
・サラ
・北見紗和子
・藤本キララ
 ×5個

 

したがって、キャラクターとの契約を狙っている方は無闇やたらと他の用途で紫の贈り物を使用することはオススメできません。

ちなみにプレイして5ヶ月程度の私の紫の贈り物所持数は一度も使用していないのにこんな感じです。(緑と青はそこそこ使用している)

実際は後述する紫の「福袋」や「宝箱」もあるのでもう少し増えますが、それを加味しないとどれも5個貯まっていません。

結論としては、契約する可能性があるキャラクターに必要な紫の贈り物は5個貯まるまで手を付けないのがいいでしょう。

2.奉納で星のかけらをゲットして紫の福袋と交換

・契約したいキャラクターに必要な紫の贈り物が足りない
・他の紫の贈り物が余っている
・他のキャラクターとは契約するつもりはない

というときは、紫の贈り物2個を(ランダムにはなりますが)別の紫の贈り物1個に変換する方法があります。

手順1

紫の贈り物2個を倉庫から「奉納」して「星のかけら」を50個入手する

※紫の贈り物は1個奉納するごとに「星のかけら」という素材アイテムを25個入手することができます。

手順2

雑貨屋から星のかけら50個を「賢者の福袋」1個と交換する

手順3

賢者の福袋を使用すると、紫の贈り物がランダムで1個手に入る

 

この方法は1:2交換のためレート的には損なのであまりむやみには使えませんが、不要な紫の贈り物を8分の1の確率で必要な紫の贈り物に変換することができますので、あと1個足りないけどどうしてもすぐ欲しい!というようなときに使ってみるとよいでしょう。

3.奉納で星のかけらをゲットしてガチャ券と交換

・契約するつもりのキャラクターに必要な紫の贈り物が5個貯まった
・他のキャラクターとは契約するつもりはない
・そもそもキャラクターとの契約に興味がない
・契約よりもまずは無料でガチャ引きたい

上記に当てはまるという方については、紫の贈り物を「奉納」して「祈願の巻物」(ガチャ券)と交換することを考えてもいいと思います。

手順1

紫の贈り物2個を倉庫から「奉納」して「星のかけら」を50個入手する

※紫の贈り物は1個奉納するごとに「星のかけらを25個入手することができます。
※なお、緑の贈り物の奉納でも星のかけら1個を、青の贈り物の奉納でも星のかけら5個を入手できます。

手順2

雑貨屋から星のかけら50個を「祈願の巻物」1個と交換する(月5回までの制限あり)

手順3

祈願から「祈願の巻物」を1枚消費して1回祈願(ガチャ)を行う

 

以上の手順となりますが、星のかけらは緑や青の贈り物でも入手できますので、祈願の巻物を入手するのに必ずしも紫の贈り物を奉納しなければならないわけではありません。

また、星のかけら自体も契約素材としても100個必要になります。

紫の贈り物を奉納するかどうか、星のかけらを祈願の巻物との交換をするかどうかは慎重に決めてください。

本当に契約に興味がなくてガチャを引くことを優先したい方向けの使いみちといえるでしょう。

4.キャラクター(雀士)へ贈って絆ポイントを増加する

最後に、本来の使いみちにもかかわらず最も優先度の低い使い方を紹介します。

アイテム紹介にも記載されている通り、紫の贈り物はキャラクターに贈ると絆ポイントを5000増加させることができます。

また、そのキャラの好物であれば1.5倍の7500絆ポイント増加となります。

※好物は基本契約素材と同じですが、藤田佳奈のように契約素材とは違うキャラもいます。まず緑の贈り物を一通り贈ってみて反応を試すと良いでしょう。

絆レベルを上げるのに必要な絆ポイントは下表のとおりです。

絆レベル1絆レベル2絆レベル3絆レベル4絆レベル5
2000絆ポイント6000絆ポイント10000絆ポイント20000絆ポイント50000絆ポイント

絆ポイントは対局でも上げることができますが、無課金の場合は、4人戦では東風戦は40pt・半荘戦は60pt、3人戦では東風戦25pt・半荘戦40ptしか増えず、絆レベル5に到達するには4人戦だと1467半荘こなす必要があります。

※なお、累計課金額に応じて得られる称号によって対局後にもらえる絆ポイントが増加します。たとえば開運御守610円を1個買うだけで絆ポイント1.75倍(839半荘でMAX)になり、開運御守3個分1830円では2.2倍(667半荘でMAX)になります。

この回数を多いと思うか少ないと思うかは人それぞれですが、とてもそんなに打てないという方は、贈り物をキャラクターに贈って絆ポイントを稼ぐ必要があります。

ただ、比較的入手が簡単な緑の贈り物でも200絆ポイント(好物だと300)、青の贈り物だと絆1000ポイント(好物だと1500ポイント)増やすこともできますので、入手が難しい紫の贈り物をあえて使うのはもったいない気がします。

したがって、

・どうしても楽に絆レベルを上げたい
・契約に必要な紫の贈り物や星のかけらはすでに貯まってる
・他のキャラと契約する気もない
・祈願の巻物もそんなに要らない

という方のみ、紫の贈り物をキャラクターに贈ることを考えるようにしましょう。それ以外の方は原則オススメしません。

 

以上の4つが紫の贈り物の主な使いみちとなります。

 

 

 紫の贈り物の入手方法

紫の贈り物は入手が難しいと散々言ってきましたが、具体的にどのような入手方法があるのかをまとめます。

1.祈願(ガチャ)でランダム入手

まず、祈願で入手する方法です。

1回祈願で紫の贈り物のいずれかが出る確率は5%となっております。

なんとキャラクターの排出確率と同確率です。

さらに紫の贈り物は8種類あるので、特定の紫の贈り物を引ける確率は0.625%と激低です。

紫の贈り物狙いで単発ガチャを回すのは得策ではないでしょう。

2.10回祈願で確定入手

1800輝石を消費して「10回祈願」を行った場合、10回のうち1回が確定で紫の贈り物の排出となりますが、8種類あるため確定枠で特定の紫の贈り物が引ける確率は12.5%です。

なお10回祈願全体でみると、特定の紫の贈り物が引ける確率は確定枠の1回と残りの9回をあわせて約17.3%です。微妙ですね。

3.賢者の福袋・日光の福袋でランダム入手

使用すると紫の贈り物がランダムで入手できるアイテムがあります。

「賢者の福袋」と「日光の福袋」のふたつです。

こちらも8種類からランダムですので特定の紫の贈り物を引けるのは12.5%の確率となりますが、紫の贈り物をガチャ以外で手に入れる方法としては最有力です。

賢者の福袋は前述の通り星のかけら50個と交換できますし、それ以外では両方ともイベント報酬や運営からのプレゼントといった形で不定期ですが手に入れることができます。

なお賢者の福袋と日光の福袋の違いですが、日光の福袋を使用して入手した紫の贈り物は「鎖付き」となり奉納することができません。賢者の福袋で入手した紫の贈り物は奉納可能です。

4.日光の宝箱で確定入手

使用すると好きな紫の贈り物を1個入手できるアイテムがあります。前述の福袋の上位互換です。

「日光の宝箱」です。

これを使用して入手した紫の贈り物は「鎖付き」となり奉納することができませんが、確実に特定の紫の贈り物が手に入るので、ここぞというときに使用するようにしましょう。

イベント報酬や運営からのプレゼントといった不定期な形での入手となり、頻度も多くないためかなりのレアアイテムといえるでしょう。

5.雑貨屋で願いの石25個と交換

もうひとつ、特定の紫の贈り物を入手する手段があります。

雑貨屋で「願いの石」25個と交換する方法です。

好きなものと交換できるので便利と思うかもしれませんが、交換に必要となる願いの石の入手難易度が高くあまりオススメしません。

願いの石の入手方法

・祈願(ガチャ) で雀士が重複した場合に75個入手
・累計課金額4320円の称号を受け取ると10個入手
・信仰1個につき1個交換可能(信仰はガチャ1回で1個入手)

どれもハードルがありますね。信仰は150個貯めると任意のキャラクターと交換できますので、ここで25個も使ってしまうのはもったいない気もします。

また、願いの石はキャラとの契約でも10個必要となりますので、むやみに手を付けるわけにはいきません。

6.契約レベルの特典として入手

課金額に応じてレベルアップする「契約レベル」の特典として入手することができます。

ただし、34000円相当の課金からが対象となりますので、あまり現実的ではないかも知れません。

契約レベルについては以下の記事を参考にしてください。

関連記事

『雀魂(じゃんたま)』は基本プレイ無料の麻雀ゲームとなっており、無課金でも十分に楽しむことができます。ですので課金をするのは主にキャラクターや装飾品の入手が目的となります。ただ、意外と知られていないかもしれませんが、早めに課[…]

 

以上の6つが入手方法となりますが、いずれも簡単にはいかないかと思います。

 

 まとめ

紫の贈り物については入手が難しい上、契約時に5個も必要となるという厄介な素材アイテムです。

アイテムテキストの額面通りに軽い気持ちでキャラクターへのプレゼントとして贈ってしまうと後悔しますので気をつけて!

という注意喚起も込めて、使いみちと入手方法をまとめてみました。

お役に立てば幸いです。