雀魂のキャラクター情報まとめ!キャラの入手方法や育成要素まで徹底解説します!

雀魂(じゃんたま)といえば本格的な麻雀が楽しめるのはもちろん、魅力的なキャラクターが多数登場するというのが大きな魅力のひとつです。

本記事ではそうしたキャラクター要素についてより詳しくまとめていきます。

具体的にはキャラの入手方法やガチャのやり方、キャラクターの育成要素などについて解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください!

 

登場するキャラクターは?

『雀魂』ではキャラクターはゲーム内では「雀士」と呼ばれ、プレイヤーのアバターとして活躍してくれます。

キャラクターには特殊能力や強弱の要素は一切ありませんので麻雀の対局では純粋にプレイヤーの実力による真剣勝負が楽しめる一方、発声・カットイン・スタンプなどはそのキャラクター専用のものとなりゲームを盛り上げてくれます。

2020年11月中旬時点(エリサ・寺崎千穂理実装時点)で、女性キャラ23名・男性キャラ10名の計33名のキャラクターが登場しています。

うち初期キャラクターが2名、イベント配布キャラが1名、他はガチャ排出キャラとなっています。

初期キャラ
ガチャ排出キャラ
イベント配布キャラ

各キャラの紹介はアイコンクリックで表示されますが、下記の別記事でより詳細をまとめています。

公式のキャラ紹介、サンプルボイス、スタンプ、契約後衣装、期間限定衣装、契約素材、好物の情報などはこちらの記事を参考にしてみてください。

関連記事

こちらのページでは『雀魂(じゃんたま)』に登場するキャラクター(雀士)を一覧にしています。一番イメージが掴みやすい公式twitterのキャラ紹介のほか、各キャラの声優およびサンプルボイス、スタンプ、契約後イラスト、期間限定衣装、契約[…]

初期キャラのふたりも十分魅力的なキャラクターですが、他にも様々なキャラクターがいますのできっと好みのキャラが見つかったのではないでしょうか。

そうしたキャラを入手することを『雀魂』の目標にするのもモチベーションのひとつになると思います。

ということで、次はキャラクターの入手方法を解説します。

 

祈願(ガチャ)でキャラクターを入手しよう

キャラクターを入手するには「祈願」と呼ばれるいわゆるガチャで引き当てる必要があります(イベント配布キャラを除く)。

祈願には「落桜の道」「竹林の道」の2種類があり、前者が女性キャラ専用ガチャ、後者が男性キャラ専用ガチャとなります。

※ピックアップガチャ開催時はピックアップ対象の「満開の道」と「深緑の道」が併設されます。

いずれの祈願も1回あたり「200輝石」か「祈願の巻物1枚」を消費して行うことができます。

また輝石1800個で「10回祈願」を行うこともできます。

1回分お得に見えますが、必ず贈り物(紫)が1個は排出されるため、キャラクターを入手できる可能性があるのは実質9回分となりますのでご注意ください。

とはいえ9回祈願+贈り物(紫)と考えればお得なことには違いありませんし、後述する「信仰ポイント」は10ポイント貯まりますので、1800個以上輝石がある場合は「10回祈願」をすることがオススメです

なお、「祈願の巻物」が10個ある場合も「10回祈願」ができますが、輝石1800個の場合と違って贈り物(紫)1個の排出確定はありませんので、1回祈願×10回をするのと変わりません。

課金できる方向け

ある程度課金ができるという方は、手っ取り早く輝石を購入して祈願を行いましょう。

メイン画面上部の輝石(青い輪)の横にある「+」をタップすると購入画面に移ります。

クレジットカード、PayPal、各キャリア決済、WebMoneyでの課金が可能です。

初回購入時は「1輝石=約1円」という比較的良いレートで購入可能(最大24080輝石分まで)で、2回目以降は「1輝石=約1.6円~2円」のレートになります。

2回目以降は一度にたくさん買うほうがお得です。

また、後述する「開運御守」は超破格レートとなりますのであわせて購入することをお勧めします。

輝石の価格一覧(開きます)
価格初回2回目以降
120円有償60+無償60
計120輝石
(1輝石=1円)
有償60+無償0
計60輝石
(1輝石=2円)
610円有償300+無償300
計600輝石
(1輝石=約1.02円)
有償300+無償10
310輝石
(1輝石=約1.97円)
610円開運御守(購入時300輝石 + 30日×60輝石 = 計2100輝石
980円有償480+無償480
計960輝石
(1輝石=約1.02円)
有償480+無償30
計510輝石
(1輝石=約1.92円)
1840円有償900+無償900
計1800輝石
(1輝石=約1.02円)
有償900+無償100
計1000輝石
(1輝石=約1.84円)
2440円有償1200+無償1200
計2400輝石
(1輝石=約1.02円)
有償1200+無償150
計1350輝石
(1輝石=約1.81円)
3680円有償1800+無償1800
計3600輝石
(1輝石=約1.02円)
有償1800+無償300
計2100輝石
(1輝石=約1.75円)
4900円有償2400+無償2400
計4800輝石
(1輝石=約1.02円)
有償2400+無償600
計3000輝石
(1輝石=約1.63円)
10000円有償4900+無償4900
計9800輝石
(1輝石=約1.02円)
有償4900+無償1400
計6300輝石
(1輝石=約1.59円)

また、1回祈願を行うごとに「信仰ポイント」を1個獲得でき、150信仰ポイントを支払うことで好きなキャラクターを入手することができます

いわゆる「ガチャの天井」に該当するシステムがあるのは安心ですね。

ちなみに150信仰ポイントを集めるには最小で27000輝石(10回祈願×15回)必要となりますので、『雀魂』を開始して即欲しいキャラを入手するには、29470円の課金が必要となります。(初回分24080輝石を24570円で購入+3000輝石を4900円で購入)

微課金なら…という方向け

微課金ならしてもいいかな、という方は「開運御守」の購入がオススメです。

610円の課金で2100輝石(購入時に即300輝石入手+30日間毎日60輝石を受領可能)が手に入りますので、「1輝石=約0.3円」という超破格レートになります。

これにより毎月1回のペースで「10回祈願」にチャレンジすることができますので是非検討してみてください。

筆者は月額プレイ料金のつもりで開運御守の課金をしています。

なお、開運御守を複数購入しても受け取れる日数が+30日されるだけで、1日60輝石までしか受け取れないのは変わりませんのでご注意ください。(ただし購入時の300輝石は即時付与されます)

関連記事

雀魂は基本無料でオンライン麻雀がプレイできるので、課金をしなくても楽しむことができます。課金が必要なケースとしては1.ガチャを引く(無料でも頑張れば引ける)2.コインを買う(上位卓でたくさん打たない限りは無料でほぼまかなえる[…]

無課金を貫く方向け

無課金の方は輝石を入手する手段はほぼありません(詫び石が極稀にありますがほぼ期待できません)。

したがって無課金でガチャを引くには「祈願の巻物」を入手することになります

祈願の巻物の入手方法は基本的には以下の3ステップとなります。

<手順1>

以下のいずれかの方法で「贈り物(緑・青)」を入手する
・段位戦「銀の間」以上をこなし宝箱解錠得点を一定以上貯めて宝箱からドロップ
・イベントをこなし報酬として入手
・「雑貨屋」画面からコインと交換(交換レートは緑=15000コイン、青=75000コイン)
※コインは段位戦で必要となるため、交換は余裕があるときのみ推奨

もしくは以下の方法で「絆のハート」を入手する
・絆レベルがMAXのキャラを使用して段位戦「銀の間」以上をこなし絆ポイントを1000貯めるごとに入手(絆レベルについては後述)

<手順2>

「倉庫」画面から、所持している「贈り物」を「奉納」して「星のかけら」を得る
交換レートは
・緑の贈り物=星のかけら1個
・青の贈り物=星のかけら5個
・紫の贈り物=星のかけら25個
・絆のハート=星のかけら5個
です。

なお、贈り物(緑・青)や絆のハートの用途は基本的にはキャラクターにプレゼントして絆ポイントを得るだけですので奉納してしまっても構いませんが、贈り物(紫)については後述する「契約」に必要な素材となりますので原則奉納はしないことをおすすめします

<手順3>

「雑貨屋」画面から、「星のかけら」を50個と「祈願の巻物」1個と交換する(月5回まで)

という流れがメインとなります。無課金の方は「贈り物」が無料ガチャに繋がりますので、段位戦の宝箱やイベント報酬などをモチベーションにして頑張りましょう。

その他、たまに運営から祈願の巻物が配布されることもあります。

また、ごく稀にイベントで配布されるキャラクターもいますので、そういった機会があれば逃さずゲットしましょう。

キャラクターの排出確率

祈願でのキャラクターの排出確率は5%となっており、一般的なソシャゲの排出率と同等かやや高いくらいかと思います。

以下に祈願の回数ごとのキャラ排出確率を表にしましたので参考にしてみてください。(2020年11月中旬時点=エリサ・寺崎千穂理実装時点)

キャラクター排出確率(開きます)
祈願回数誰でも良いのでキャラを1人引く確率「落桜の道」で特定の女性キャラ(20分の1)を1人引く確率「竹林の道」で特定の男性キャラ(10分の1)を1人引く確率
1回5.00%0.25%0.50%
2回9.75%0.50%1.00%
3回14.26%0.75%1.49%
4回18.55%1.00%1.99%
5回22.62%1.24%2.48%
6回26.49%1.49%2.96%
7回30.17%1.74%3.45%
8回33.66%1.98%3.93%
9回
(10回祈願×1)
36.98%2.23%4.41%
18回
(10回祈願×2)
60.28%4.41%8.63%
27回
(10回祈願×3)
74.97%6.54%12.66%
36回
(10回祈願×4)
84.22%8.62%16.51%
45回
(10回祈願×5)
90.06%10.65%20.19%
90回
(10回祈願×10)
99.01%20.17%36.31%
135回
(10回祈願×15)
99.90%28.67%49.17%
180回
(10回祈願×20)
99.99%36.27%59.43%

※全キャラクターが同確率で排出されることを前提とした場合の確率です

10回祈願を5回すれば、キャラを選ばなければ9割以上の確率で入手できる計算になります。

また特定のキャラを入手したい場合は、稀に特定キャラの排出確率が上昇する「ピックアップガチャ」が開催されることがありますのでそういったチャンスを逃さないようにしましょう。

関連記事

雀魂で定期的に開催される雀士キャラクターピックアップガチャ。「このキャラが欲しい!」という特定のキャラクターが居る場合は見逃せないチャンスとなっています。本記事ではピックアップガチャはどれくらい引ける確率がアップするのか?と[…]

ちなみに、祈願(ガチャ)にはキャラ確定演出があります。まずガチャの開始時に流れ星が流れ(流れない場合もある)、その後キャラクターらしきシルエットが現れます。

この演出があったときはテンションMAXで画面をタップしてください!

ガチャ開始時の流れ星演出
確定のシルエット演出

キャラクターが重複した場合

既に所持しているキャラクターがガチャで排出された場合は「願いの石」75個に変換されます。

願いの石は後述する「契約」で使用するほか、「雑貨屋」画面から「願いの小屋」にて紫の贈り物や宝玉と交換することができます。

ただし願いの石ではキャラクターを引き換えることはできませんのでご注意ください。

 

入手したキャラクターを設定しよう

所持している雀士キャラクターは「寮舎」から確認することができ、ダブルタップすることでアバターとして選択することができます。

また、プロフィールやスタンプ・ボイスを確認することもできます。

寮舎画面
キャラクタープロフィール画面

 

キャラクターとの絆を上げよう

所持している雀士キャラクターには「絆レベル」という親愛度要素があります。

絆レベルは「絆ポイント」を獲得して一定値まで貯めることでレベルアップすることができます。

絆レベル1絆レベル2絆レベル3絆レベル4絆レベル5
2000絆ポイント6000絆ポイント10000絆ポイント20000絆ポイント50000絆ポイント

後述する「契約」の条件が絆レベルMAXとなっているため、契約を目指す方にとっては絆レベル上げは必須となります。

また、絆レベルを上げると段階的にボイスが開放されていきます。

更に、絆レベル5になると和了時に役名を読み上げてくれるようになりますので、ちょっとテンション上がります。

絆ポイントを獲得する方法

絆ポイントを得る方法は2つあります。

ひとつは「銀の間」以上の段位戦で対局する方法で、1対局ごとにアバターとして選択しているキャラクターに絆ポイント加算されます(4人戦では東風戦は40p・半荘戦は60p、3人戦では東風戦25p・半荘戦40p)。

これは順位やどの間かにはよらず固定ですが、課金額に応じて上昇する「契約レベル」(称号)により+50%~+250%まで増加しますので、絆ポイントを獲得する上では早めの課金が有利となります。

赤丸が獲得絆ポイント

もうひとつは「寮舎」画面からキャラを選択し、「贈り物」画面へ進み、贈り物アイテムをプレゼントする方法です。

贈り物には緑・青・紫の3ランクあり、得られる絆ポイントが異なります。

また、そのキャラクターの好物の贈り物の場合、得られる絆ポイントが1.5倍になり、ボイスが通常とは異なります。

好物は基本的には契約素材に使用する紫の贈り物と同一系統(例えば一姫ならクッキー系)になりますが、ごく稀に契約素材とは別系統が好物のキャラクターもいますので、こちらのキャラクター一覧ページでご確認ください。

緑の贈り物青の贈り物紫の贈り物
好物以外200絆ポイント1000絆ポイント5000絆ポイント
好物300絆ポイント1500絆ポイント7500絆ポイント

こうしてみると紫の贈り物が飛び抜けていますが、前述の通り紫の贈り物は「契約」に必要となるレア素材ですのでキャラクターへプレゼントすることはおすすめしません

キャラクターと契約しよう

雀士キャラクターとの絆レベルがMAXになったら、一定の素材を集めることでその雀士と「契約」することができます。

契約によって新たなイラストが開放されアバターとして表示させることができるようになりますので、他プレイヤーにドヤ顔ができますし、基本カワイイのでモチベーションが上がります。

また、契約後に新たなスタンプが3つ使用できるようになり、対局中に特定の条件でキャラが喋る「SPボイス」が開放されます。(SPボイスは一部キャラは未実装)

SPボイスの発生条件

  • 同じ牌を連続で捨てたとき
  • ドラを捨てたとき
  • 残り牌が10枚以下のとき
  • 役満聴牌
  • 倍満/三倍満聴牌

契約時に必要となる素材

キャラクターにより必要素材の種類は異なりますが、

  1. 宝玉 ×10個
  2. 宝玉 ×10個
  3. 紫の贈り物 ×5個
  4. 願いの石 ×10個
  5. 星のかけら ×100個

のパターンとなります(イベント配布キャラを除く)。

具体的に必要となる素材は、こちらのキャラクター一覧ページに記載していますので参考にしてみてください。

このうち「宝玉」は段位戦の宝箱ドロップのほか、「雑貨屋」にて50000コインで購入できますので入手難易度は低めです。

また「星のかけら」も贈り物を「奉納」することで比較的容易に手に入りますが、星のかけらを祈願の巻物との交換していると肝心なときに不足することがありますので注意しましょう。

「願いの石」はガチャ1回につき1個得られる「信仰」と交換が可能です(信仰1個と願いの石1個を交換)。

契約を視野にいれる場合、信仰は無駄遣いしないよう気をつけましょう。

それ以外では、ガチャでキャラが重複した場合に75個入手できます(レアケースですが)。

また、課金額に応じて得られる契約ポイントが250に達している場合は、所持コイン表示などの横にある「+」をタップして「契約レベル」画面に進むことで10個受け取ることができます。

「紫の贈り物」はイベントやガチャで入手するか、「雑貨屋」で「願いの石」25個と交換する必要がありますので、入手難易度は高めです。

前述の通り、不用意に奉納したり贈り物としてプレゼントしないことをおすすめします。

契約についてはこちらの記事でもより詳しくまとめていますので参考にしてください。

関連記事

筆者が雀魂(じゃんたま)をプレイしはじめてから約5ヶ月。ようやくキャラクターと契約することができました!本記事では契約とはなにか?や契約に必要な素材アイテムの入手方法、実際に契約に至るまでの流れをレポートしたいと思います。[…]

 

まとめ

今回は雀魂のキャラクター要素についてまとめてみました。

キャラクターに愛着を持てることが『雀魂』の醍醐味だと思いますので、これから『雀魂』を遊び始める方の参考になりましたら幸いです。

ぜひ好みのキャラを手に入れて雀魂ライフを満喫してくださいね!