雀魂でキャラクターと契約するには?契約するまでの流れや素材の入手方法をレポします

筆者が雀魂(じゃんたま)をプレイしはじめてから約5ヶ月。

ようやくキャラクターと契約することができました!

本記事では契約とはなにか?や契約に必要な素材アイテムの入手方法、実際に契約に至るまでの流れをレポートしたいと思います。

 

キャラクターとの契約とは?

雀魂には多数のキャラクターが登場します。

各キャラクターには強弱の差はなく、どのキャラを使っても麻雀の対局には影響しません。

いわゆるアバターという位置づけになります。

そうしたキャラクターに関するやりこみ要素として「契約」システムがあり、特定の条件を満たすことでそのキャラクターと契約を結ぶことができます。

契約を結ぶことで以下の恩恵を受けることができます。

1.契約の着せ替え衣装(イラスト)が開放される
2.スタンプが3つ追加される
3.SPボイスが開放される

1.契約着せ替え衣装の開放

契約をすることで、新イラストを開放することができます。

他ゲームでいうところ進化や最終再臨、覚醒のようなイメージです。

イラストは対局中もアイコンやカットインなどで登場しますのでモチベーションに繋がるかと思います。

なお、契約後も通常衣装に戻すことは可能です。

通常衣装

契約着せ替え衣装

2.スタンプの追加

雀魂では対局中に「スタンプ」でコミュニケーションをとることができます。

契約前のキャラクターはスタンプを9個使用することができますが、契約をすることで3個追加され、計12個のスタンプを使うことができるようになります。

以下はスタンプが個性的な初期キャラ二階堂美樹の例になります。

契約前

契約後

3.SPボイスの開放

契約後は、対局中に特定の条件を満たしたときにキャラがボイスを発するようになります。

設定でオンオフや音量調整が可能です。

なお、SPボイスは2020年5月上旬時点で一部キャラは未実装となっております。(一姫、二階堂美樹、藤田佳奈、撫子)

SPボイスの発生条件

  • 同じ牌を連続で捨てたとき
  • ドラを捨てたとき
  • 残り牌が10枚以下のとき
  • 役満聴牌
  • 倍満/三倍満聴牌

 

キャラクターと契約するには?

キャラクターと契約を結ぶには2つのハードルをクリアする必要があります。

1.絆レベルを最大のLv5まで上げる
2.契約素材をすべて揃える

条件1.絆レベルを最大(Lv5)まで上げる

キャラクターには「絆レベル」という親愛度要素があります。

絆レベルは0~5まであり、「寮舎」画面でキャラクターの詳細画面を開いたときのハートの数で表されます。

絆レベルは「絆ポイント」を獲得して一定値まで貯めることでレベルアップすることができます。

絆レベルを上げることで段階的にボイスが開放されていき、MAXの絆レベル5になって初めて契約が可能となります

また絆レベル5になると和了時に役名を読み上げてくれるようになります。

それぞれの絆レベルに達するまでに必要な絆ポイント数は以下のとおりです。

絆レベル1絆レベル2絆レベル3絆レベル4絆レベル5
2000絆ポイント6000絆ポイント10000絆ポイント20000絆ポイント50000絆ポイント

絆レベルが上がるとポイントは0にリセットされますので(端数は繰越)、絆レベル0から最大のレベル5まで上げるには合計で88000絆ポイントが必要ということになります。

絆ポイントの獲得方法1:銀の間以上で対局

そのキャラクターを選んだ状態で「銀の間」以上の段位戦で対局すると、対局終了時に絆ポイントが得られます。

ベースとなる獲得ポイントは以下のとおりです。(順位やどの間かは問わない)

4人戦3人戦
東風戦40ポイント25ポイント
半荘戦60ポイント40ポイント

したがって、4人戦をメインとする場合、絆レベル5(88000絆ポイント)に到達するには1467半荘こなす必要があります。

課金をしている場合は、このポイントをベースとして、課金額に応じて得られる「称号」による「絆ボーナス+●%」分が加算され、+50%~+250%まで増加します。

たとえば開運御守610円を1個買うだけで絆ボーナス+75%(839半荘でレベル5到達)になり、開運御守3個分1830円では絆ボーナス+120%(667半荘でレベル5到達)になります。

絆ポイントを獲得する上では早めの課金が有利となりますので、契約を目指す方は微課金を視野に入れるといいでしょう。

赤丸が獲得した絆ポイント

絆ポイントの獲得方法2:贈り物をプレゼント

もうひとつはキャラクターに贈り物アイテムをプレゼントする方法です。

贈り物には3ランクあり、緑⇒青⇒紫の順に得られる絆ポイントが増えます。

また、そのキャラクターの好物の贈り物の場合、得られる絆ポイントが1.5倍になります。

贈り物アイテムの種類はアイテム一覧ページ、各キャラの好物はキャラクター一覧ページでご確認ください。

緑の贈り物青の贈り物紫の贈り物
好物以外200絆ポイント1000絆ポイント5000絆ポイント
好物300絆ポイント1500絆ポイント7500絆ポイント

なお、紫の贈り物は後述する契約素材でかつ入手難易度が高い部類になりますので、紫の贈り物を贈り物としてプレゼントすることはおすすめしません

緑・青の贈り物については、奉納して「星のかけら」を得る(星のかけら50個で祈願の巻物=ガチャ券と交換可能)か、キャラにプレゼントするかのいずれかの使用方法となりますので、お好みでよいかと思います。

ざっくりした基準でいえば、1日にたくさん段位戦をこなしかつ課金をしている(絆ボーナス+%が多い)方は緑と青の贈り物は奉納をしてガチャ券を狙ったほうがよく、そうでない方は贈り物を活用しないと絆レベルMAXまで到達しないので緑と青の贈り物を一定数はプレゼントに回すのがよいでしょう。

絆ポイントの獲得方法3:絆のハートをプレゼント

もしすでに絆レベル5に到達しているキャラクターが他にいる場合、そのキャラで銀の間以上の段位戦をこなして絆ポイントを1000貯めるごとに「絆のハート」というアイテムが入手できます。

このアイテムは青の贈り物とほぼ同等の効果を持ち、キャラにプレゼントすると絆ポイント1000が得られ(好物設定はなし)、奉納すると星のかけら5個を得ることができます。

 

条件2.契約素材を揃える

もう一つの条件として、契約素材の収集があります。

キャラクターと契約するためには素材アイテムを一定数捧げなければなりません

必要な素材は以下の5種類となります。(イベント配布キャラの軽庫娘を除く)

1.宝玉のうち何れか1種類 ×10個
2.宝玉のうち何れか1種類 ×10個
3.紫の贈り物のうち何れか1種類 ×5個
4.願いの石  ×10個
5.星のかけら ×100個

※各キャラの具体的な契約素材はキャラクター一覧ページに記載しています。

宝玉(10個×2種類)の入手方法

素材アイテムである「宝玉」は全部で以下の8種類あり、用途は契約素材のみとなります。

宝玉の入手難易度はそれほど高くありません。
【入手方法】
1.銀の間以上の段位戦で宝箱から入手
2.雑貨屋でコイン50000枚と交換
3.雑貨屋で願いの石10個と交換
4.イベント報酬など

銀の間以上の段位戦をこなしつつ宝箱解錠ポイントを貯めて対局後の宝箱からドロップさせつつ、イベントに積極的に参加して報酬を得ていれば、数ヶ月である程度の数は集まります。

どうしても足りずに契約が宝玉待ちの状態になった場合はコインとの交換を視野に入れてもいいでしょう。ただしコインが50万枚以上あるなど、余力のある場合のみにとどめておいたほうがいいと思います。コインがなくなって段位戦での対局ができなくなるリスクがあります。

また、願いの石は契約素材にもなっていますので、宝玉との交換はオススメしません。

紫の贈り物(5個)の入手方法

紫の贈り物は8種類あり、そのうちの1種類が契約素材となります。

対象キャラクター契約に必要な紫の贈り物
・一姫
・八木唯
・ワン次郎
 ×5個
・ジニア
・五十嵐陽菜
・一ノ瀬空
・エイン
 ×5個
・藤田佳奈
・涼宮杏樹
・明智英樹
 ×5個
・撫子
・四宮夏生
・ジョセフ
・月見山
 ×5個
・二階堂美樹
・カーヴィ
・斎藤治
 ×5個
・三上千織
・小鳥遊雛田
・雛桃
 ×5個
・相原舞
・二之宮花
・白石奈々
 ×5個
・九条璃雨
・サラ
・北見紗和子
 ×5個

契約素材の中で入手が難しいアイテムの部類に入り、更にそれが5個も必要となるため、一番手間取る部分かと思います。

入手した紫の贈り物は大事にとっておきましょう。

【入手方法】
1.祈願(ガチャ)でランダム入手
2.賢者の福袋・日光の福袋を使用してランダム入手
3.日光の宝箱を使用して確定入手
4.雑貨屋で願いの石25個と交換
1はガチャを回す必要があります。10回祈願(10連ガチャ)の場合はいずれかの紫の贈り物が確定で1個排出されます。
2・3のアイテムの入手方法はイベント報酬や運営からのプレゼントが基本となりますが、賢者の福袋は星のかけら50個と交換することも可能です。
4は願いの石自体が貴重ですので、あまりオススメしません。
詳しくは下記記事にまとめていますのであわせて参考にしてください。
関連記事

雀魂(じゃんたま)には色々なアイテムが登場しますが、その中でも「紫の贈り物」は扱いがやや難しい部分がありますので、本記事で簡単にまとめていきたいと思います。   「紫の贈り物」とは?雀魂には雀士にプレゼントすること[…]

願いの石(10個)の入手方法

願いの石も比較的入手が難しい部類です。

【入手方法】
1.祈願(ガチャ) で雀士が重複した場合に75個入手
2.4320円以上課金後に契約レベル画面から10個入手(1回のみ)
3.信仰1個と交換して1個入手
1は確率がとても低いため当てにしてガチャを回すことはしないほうがいいです。
2はぼちぼち課金している方にとっては1回の契約に必要な分がまかなえますので忘れず受け取りましょう。ただし1回限りしか得ることができません。
無課金の方や2を受け取り済みの方は、基本的には3の「信仰交換」を活用することになります。
信仰はガチャを1回回すごとに1個入手できますので、10回ガチャをすれば願いの石10個と交換ができる分が貯まります。
もちろん「祈願の巻物」で無料で回したガチャでも信仰を入手できますので、無課金の方はこの方法に頼りましょう。
なお、信仰は150個貯めると好きなキャラと交換することもできますので、願いの石との交換は必要最低限にとどめましょう。

星のかけら(100個)の入手方法

星のかけらは比較的入手しやすい部類です。

【入手方法】
1.倉庫から贈り物を奉納(緑は1個/青は5個/紫は25個入手)
2.倉庫から絆のハートを奉納(5個入手)
3.4320円以上課金後に契約レベル画面から100個入手(1回のみ)

星のかけらを手に入れるには、「奉納」を行うことが基本となります。

前述の通り、紫の贈り物は奉納しないほうがいいので、緑・青の贈り物と絆のハートを奉納しながら貯めていくのがいいでしょう。

そこそこ課金している方は、3の方法で1回の契約に必要な分を入手することができます。(1回のみ)

星のかけらは祈願の巻物と交換ができるのでつい浪費しがちですが、契約をしたい場合は常時100個はキープしておくようにしましょう。

 

実際に契約してみた

というわけでようやく八木唯ちゃんと契約ができましたのでレポしたいと思います!

絆レベルはどうやってあげた?

現在の称号は以下の通り。

9700円くらい課金してる計算になりますね。

現在の称号では絆ボーナス+160%となっております。

なので4人戦の1半荘あたり156絆ポイントを獲得できます。

ということはMAXの絆レベル5までに必要な88000ポイント貯めるには…565回半荘をこなす必要があります!

私の場合は1日1~2半荘程度のプレイなので下手すると1年以上かかってしまう…

なので、サクッと贈り物をプレゼントすることにしました。

ざっくりと絆ポイントの内訳としては

・対局後の絆ポイントを120半荘分くらい 19000pt
・青の贈り物(好物・バタークッキー)を20個くらい 30000pt
・青の贈り物(好物以外)を30個くらい 30000pt
・緑の贈り物(好物・普通のクッキー)を30個くらい 9000pt

という感じだったと思います。

「バタークッキー」はほぼ枯渇しましたが、他の青の贈り物はまだ15個ずつくらいは残っている感じです。

プレゼントした贈り物を星のかけら換算すると280個相当となりますので、祈願の巻物5枚分ということでちょっともったいない気がしないでもないですが、背に腹は代えられないということでスピード契約を目指しました。

契約素材はどう揃えた?

契約素材のうち願いの石と星のかけらについては、累計課金額4320円以上のボーナスで揃えました。

宝玉はイベント報酬と宝箱ドロップである程度貯まっていたのですが、残りの2個は手っ取り早くコイン10万枚をぶっこんで交換しました。それでもイベントを真面目にやっていたこともあり、コインは100万枚以上をキープできています。

一番厄介だったのが紫の贈り物で、ガチャや賢者の福袋では「香ばしいクッキー」が3個までしか貯められず、温存していた「日光の宝箱」2個を使うことで、無理やり5個揃えました。次以降の契約が心配です。

そして契約へ

というわけで無事契約することができました!

カワイイ

一方開放されたスタンプは煽り力高め。

鼻摘んでるやつはいつ使えばいいんだろう笑

 

まとめ

今回はキャラクターとの「契約」にスポットを当ててレポートしました。

麻雀ゲームとしてマストのシステムではありませんが、プレイのモチベーションに繋がりますので、ぜひ皆さんも契約を目指してみてくださいね!