雀魂でリセマラはできる?できない? 雀魂の始め方・導入方法をまとめました!

『雀魂(じゃんたま)』は基本プレイ無料のオンライン麻雀ゲームです。

キャラクターを手に入れるための課金要素はありますが、メインとなる麻雀のオンライン対局は完全無料で楽しむことができます

ここではそんな『雀魂』を初めてプレイするまでの流れを説明します。

 

『雀魂』の始めかた

『雀魂』はiOSアプリ・Androidアプリ・ブラウザのいずれも共通のアカウントでプレイすることができます。プレイする際はメールアドレス(もしくはTwitter・Apple・Googleアカウントとの連携)を使ってログインする形となります。

※2020年6月10日よりDMM版がリリースされましたが、現状DMMアカウントにログインしてプレイする必要があり他のアカウントと連携はできないため、本記事ではDMM版の導入方法は割愛いたします。

以下に、『雀魂』を始めるにあたっての導入方法を説明します。

①アプリをインストールしよう(アプリ版を利用する場合のみ)

スマホやタブレットでプレイする場合は、アプリ版を端末にインストールしましょう。

スマホブラウザでもプレイ可能ですが、アプリ版のほうが使いやすいです。

下記よりダウンロード&インストールしてください。

雀魂‐じゃんたま‐

雀魂‐じゃんたま‐

Yostar, Inc.無料posted withアプリーチ

 

②アカウント登録をしよう

アプリ版を起動するか、PCなどブラウザでプレイする場合は公式サイトから「スタート」をクリックしてください。

ログイン画面が表示されます。

『雀魂』には「アカウント登録」用の画面はなく、このログイン画面から初回ログインをすると自動でアカウントが作成されます。

ログイン方法としては、「メールアドレス」を使用するか、Twitter連携・Apple連携・Google連携によるログインも可能です。

メールアドレスを使用する場合

まず金色の「ログイン」ボタンをタップしましょう。

この際、必ず「次回から自動でログインする」にチェックを入れてログインするようにしましょう。

そうしないと毎回認証コード(後述)を受信して入力するはめになります。

次に開く画面で「メールアドレス入力欄」と「認証コード入力欄」が出てきます。

ここではまずメールアドレスを入力して「コードを受け取る」をタップしてください。

すると、入力したメールアドレス宛に認証コード(6桁の数字)が送られてきます。

届いた認証コードを「認証コード入力欄」に入力して銀色の「ログイン」ボタンをタップすれば、初回ログインが完了します。

前述の通り、「次回から自動でログインする」設定にしておけばこの認証コードの手間はかかりません。

アプリ版であれば起動後に、ブラウザ版であれば「スタート」ボタンを押すと、自動でログインされますので楽ちんです。

twitter・Apple・Googleアカウントに紐づけてアカウントを作成する場合

ログイン画面に表示される該当のボタンをクリックして画面の指示に従ってアカウントを作成してください。

なお、何らかの理由で連携がうまくいかなくなり急にログインできなくなる場合がありますので、メールアドレスとも連携することをオススメいたします。

詳しくは下記公式ツイートをご確認ください。

③プレイヤー名を決めよう

ログインするとはじめにプレイヤー名の入力を求められます。

プレイヤー名は有料アイテムを使用しないと変更できませんので、慎重に決めてください。

全角7文字までの入力が可能となっておりますが、他プレイヤーとの重複は不可です。

名前の入力が終わったらすぐチュートリアルを見るかの選択が出ますが、ほぼ麻雀のルール説明ですのでスキップしてしまって構いません。

初めて麻雀を遊んでみるという方には参考になると思いますのでぜひ読んでみてください。

チュートリアルが終わればゲームのメイン画面に移ります。

ソシャゲにありがちな「〇〇をしてみよう」的なミッションで遊び方を誘導してくれるようなことは残念ながらありませんので、基本的な遊び方については下記記事を参考にしてみてください。

関連記事

本記事では『雀魂(じゃんたま)』をこれから始める人や始めたばかりの人向けに序盤の遊び方のポイントをまとめていきます。雀魂の導入方法については別記事でまとめていますのでそちらを参照してください。[sitecard subtit[…]

 

『雀魂』でリセマラは可能?

ソシャゲ慣れしている方が一番気になるのが「リセマラはできるのか?」ということだと思います。

結論から言うと、『雀魂』でリセマラはできません

『雀魂』でリセマラができない理由

一応、その理由をご説明します。

1.アカウントの作り直しが困難

前述の通り、『雀魂』はアプリ版であっても「メアド認証(または他アプリとの連携)でのログイン」方式が取られています。

したがってアカウントを作り直すには、別のメアド(またはTwitter等のアカウント)を用意する必要があり、アプリを削除・再インストールするという通常のリセマラの流れが不可能となっています。

2.初期配布アイテムがない

初回プレイ開始直後にプレイヤーの手元にあるのは「コイン10000枚」のみとなり、ガチャ券(祈願の巻物)や無料石(輝石)はもちろん、素材アイテムすらアイテムボックスには入っていません。

また、運営からのアイテム配布(記念や詫びによるもの)は、原則「配布開始日時より前に作成されていたアカウントのみ対象」という形が採られますので、リセマラで活用することができません。

3.無課金でのガチャ券の入手方法がシビア

上記の通り初期配布アイテムがないため、無料でガチャを引くためには、ゲームを進行して素材アイテム(贈り物)を集めて「奉納」し、「星のかけら」を50個揃えて、「祈願の巻物」というガチャ券を1枚(1回分)ゲットするしか方法はありません。

関連記事

雀魂は無課金でも楽しめることができるオンライン麻雀ゲームです。メインの「段位戦」も課金せずともプレイできますし、プライベート対戦が楽しめる「友人戦」も無課金でも制限なくプレイすることができます。※段位戦で鬼打ちする場合はコイ[…]

しかしながら、この作業はとても1時間以内でできるような作業ではありませんので、リセマラに応用することはできません。

以上3点から、『雀魂』ではリセマラはできないものとお考えください。

キャラクターが手に入らないと不利になる?

とはいえ、雀魂においてはリセマラができなくてもゲームが不利になることは一切ありませんのでご安心ください。

雀魂にはキャラクターによる強弱といった要素はありません。

麻雀はあくまで実力勝負のため、キャラクターは趣味要素の一つという位置付けですので、初期キャラでも十分楽しむことができます。

 

まとめ

『雀魂』は導入が非常に簡単でハードルが低いので、気になっている方はとりあえずプレイしてみることをおすすめします!

始める際はリセマラはできませんのでとりあえず初期キャラで楽しみつつ、キャラが欲しくなったら手っ取り早く課金するか、じっくり無料で入手できるガチャ券で狙ってみるのもいいでしょう。

キャラクターの入手方法無課金でのガチャ方法は別記事にまとめていますのであわせて参考にしてみてください。

 

★おすすめ麻雀本と「Kindle Unlimited」の紹介
麻雀が強くなるには麻雀本でセオリーを勉強し、対局や何切る本で実践するのが効果的です。
そこで筆者がオススメする麻雀書籍を紹介します。
Kindle Unlimited」での無料試し読みもおすすめですよ!
目安段位おすすめ書籍
初心者向け入門書

どちらもマンガを交えながらわかりやすく説明してくれているので初心者にピッタリです。まずはお好きな方を手に取って基本ルールや麻雀の基礎を学びましょう。

脱初心者向け基本書

基本ルールを覚えたら麻雀のセオリーを勉強しましょう。
「麻雀技術の教科書」がわかりやすくこの2冊を読めばほぼOKで、雀豪になれるだけの知識は身につくでしょう。同シリーズの「何切るドリル」で問題を解きながら実践的な理解を深めることもできます。

1冊で全体を手っ取り早く学びたい方はこれらの3冊もよくまとまっていてオススメです。

中級者向け戦術書

基本セオリーをある程度理解している中級者は、牌効率、確率や統計、押し引き、鳴き読みなどの細部の理解を深めて雀聖を目指しましょう!
牌効率に関しては「ウザク式牌効率」でほぼ網羅されています。同シリーズの「定石何切る301」はとても評価の高い何切る本ですので、実践練習に活用しましょう。
「神速の麻雀」は確率や統計のデータが多く示されていてオススメです。
押し引きは「押し引きの教科書」が超良書ですので絶対読んでください。
鳴き読みは高度なテクニックですが、平澤元気さんの書籍がわかりやすいです。書籍内でも「雀豪以上向け」と明記されており、中級者にちょうどいい内容だと思います。

上級者向け戦術書

上級者向け麻雀本の中でもTwitterやレビューで評判の良い書籍をピックアップしました。特に「傑作何切る300」と「Suphxの衝撃」は魂天プレイヤーもおすすめしている書籍になります。

Kindle Unlimited試し読み!!Amazonの電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」に30日間無料体験登録すると、新作を含め多くの麻雀本を無料で全ページ読むことができますのでぜひ活用しましょう!

特に麻雀本の充実は目を見張るものがあり入門書から上級者向けまで一通り揃っています。上で紹介した書籍についても「麻雀初心者が最速で勝ち組になる方法」「ウザク式牌効率」「定石何切る301」など8冊が読み放題対象となっています。

登録方法や対象書籍はこちらの記事でまとめていますので参考にしてください。