雀魂の段位戦の仕様を徹底解説!段位を上げて高段位の「雀聖」や「魂天」をめざそう!

本記事では『雀魂(じゃんたま)』の基本となる遊び方である「段位戦」についてより詳細に解説しています。

仕様を詳しく知っていれば有利になることもあると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

「段位戦」の仕様について

『雀魂』のメインの遊び方は「段位戦」です。

段位戦では各プレイヤーに「段位」が与えられ、対局で勝利することによって「段位ポイント」を得ることができます。

段位ポイントを一定数獲得することでひとつ上の段位に昇段することができますので、より上の段位を目指してプレイしていくというわけです。

段位の確認方法

現在の自分の段位と段位ポイントを確認するには、メイン画面の左上の人型のマーク(画像の黄色)をタップしてください。

プレイヤーの戦績画面が表示され、その中の赤の部分がそのプレイヤーの現在の段位と段位ポイントになります。

段位の種類

『雀魂』の段位は数字で●段という形で表されるのではなく、固有の呼び方となっております。

プレイヤーのスタート直後の段位は「初心」となっており、昇格していくと「雀士」「雀傑」「雀豪」「雀聖」となっていき、最上位の段位が「魂天」となります。

一つの段位の中でさらに「★1~3」とランク付けがされており(魂天は★なし)、数字が大きいほうがより上位となります。

この画像の例でいうと、雀傑かつ星マークが2個なので「雀傑★2」という段位になります。

星マークの下の数字は「現在の段位ポイント/昇段に必要な段位ポイント」となっており、現在の段位ポイントが1104でこれが1400に達すると昇段する、という見方になります。

なお、段位は「4人戦(4人麻雀)」と「3人戦(3人麻雀)」で別カウントとなっており、段位マークの背景がひし形なのが4人戦、背景が逆三角なのが3人戦の段位になります。

3人戦の段位マーク

なお、『雀魂』はレート制を採用しておりませんので、各プレイヤーにレーティングの数値はなく、強さの指標はこの段位のみとなります。

卓の種類

段位戦の卓は「銅の間」「銀の間」「金の間」「玉の間」「王座の間」の5種類あり、それぞれ段位による入場制限がありますので、近い実力の人とマッチングできます。

基本的には自分の入れる一番上位の間で対局するのがいいと思います。

なお、4人戦では「銅の間」と「銀の間」は日本人とのみマッチングしますが、「金の間」以上は外国人プレイヤーともマッチングするようになります。3人戦では全ての間で外国人とマッチングします。






王座
段位制限
4人戦外国人マッチング××
3人戦外国人マッチング

昇段と降段

前述の通り、段位戦では勝敗に応じて「段位ポイント」が増減します。

その結果、昇段に必要なポイントに達すればひとつ上の段位に昇段します。

逆に、段位ポイントが0を下回るとひとつ下の段位に降段します。(ジャスト0はセーフ)
※「初心★1~3」「雀士★1」「魂天」は降格はありません。

また、昇段直後(降段直後)に与えられる段位ポイントは各段位の「初期ポイント」として定められています。

以下にそれぞれの数字をまとめましたので参考にしてください。(クリックで拡大)

段位ポイントの増減量

戦績によるの段位ポイントの増減量は、持ち点(素点)と順位点(順位ウマに雀魂独自の補正点を加えたもの)によって変化します。

基本的には1位が大きくプラス、2位がややプラス、3位がややマイナス、4位が大きくマイナスとなります。

一定以上の段位になると1位のプラスより4位のマイナスが大きくなりますので、いかに4位を取らないかという戦い方が求められます。

段位ポイントの増減は黄色の丸の部分。白い四角の部分は素点+順位ウマの合計となっている

段位ポイント増減量の計算式

段位ポイント増減量 = 素点 ± 順位点

素点 =(最終持ち点-初期持ち点)÷1000

※例えば4人戦は初期持ち点が25000点ですので、最終持ち点が30000点だった場合は、(30000一25000)÷1000=5となり、素点は5点となります。

順位点 = 下表参照(クリックで拡大。小さい場合は別窓で開いてください)

4人戦/東風戦4人戦/半荘戦
3人戦/東風戦3人戦/半荘戦

段位戦の採用ルール

段位戦での麻雀ルールはほぼ一般的な麻雀ゲームと同様の内容となっております。

4人戦採用ルール(開きます)
・初期持ち点:25000点
・順位ウマ:1位+15、2位+5、3位▲5、4位▲15
・東風戦の南入・半荘戦の西入あり(1位が30000点未満の場合)
・喰い断、後付けあり
・一発、裏ドラ、赤ドラ(3枚)、槓ドラあり
・テンパイ連荘あり
・アガリやめ(テンパイやめ)あり
・食い替えなし
・トビ終了あり(ちょうど0点は終了しない)
・ダブロンあり
・切り上げ満貫なし
・数え役満あり
・流し満貫あり
・ダブル役満、トリプル役満あり
・国士無双の暗槓ロンあり
・十三不塔、八連荘なし
・大四喜、大三元の責任払いあり
・途中流局あり(九種九牌、四槓流れ、四人立直、四風連打のみ。トリプルロンは流局なし)
・形式テンパイあり
・フリテン立直あり
・オープン立直なし
・持ち点1000点未満は立直不可
・終局時に同点の場合は東一局時の東南西北順に勝敗を決する
・終局時の供託は1位に加算
3人戦採用ルール(開きます)
・初期持ち点:35000点
・順位ウマ:1位+15、2位±0、3位▲15
・東風戦の南入・半荘戦の西入あり(1位が40000点未満の場合)
・喰い断、後付けあり
・一発、裏ドラ、赤ドラ(3枚)、槓ドラあり
・テンパイ連荘あり
・アガリやめ(テンパイやめ)あり
・食い替えなし
抜きドラ(北抜き)あり(抜き北をロン可能)
ツモ損あり
一萬がドラ表示牌の場合のドラは九萬
・トビ終了あり(ちょうど0点は終了しない)
・ダブロンあり
・切り上げ満貫なし
・数え役満あり
・流し満貫あり
・ダブル役満、トリプル役満あり
・国士無双の暗槓ロンあり
・十三不塔、八連荘なし
・大四喜、大三元の責任払いあり

・途中流局あり(九種九牌、四槓流れ)
・形式テンパイあり
・フリテン立直あり
・オープン立直なし
・持ち点1000点未満は立直不可
・終局時に同点の場合は東一局時の東南西順に勝敗を決する
・終局時の供託は1位に加算

段位戦とコイン

『雀魂』のゲーム内通貨の「コイン」には様々な用途がありますが、そのひとつに「段位戦」の場代や勝敗に応じた獲得・支払いがあります。

「銀の間」以上の卓では、まず「場代」として一定のコインが消費され、さらに対局後の戦績でもコインが増減します。

無課金でも十分プレイ可能な範疇となっておりますが、鬼打ちする場合はコインが不足することもあります。(コインの入手方法は後述します)

一方「銅の間」では場代や戦績による増減はありませんので、始めたばかりの方は安心してプレイしてください。

黄色の丸が戦績によるコインの増減

参考までに、各卓における場代と戦績によるコインの増減量の目安は下表のとおりとなります。(クリックで拡大)

コイン増減量の計算式

コイン増減量 = (素点 ± 順位ウマ)× 対局レート

素点 =(最終持ち点-初期持ち点)÷1000

4人戦順位ウマ = 1位+15 2位+5 3位▲5 4位▲15

3人戦順位ウマ = 1位+15 2位±0 3位▲15

対局レート = 下表参照(クリックで拡大)

入場料(入場制限)とは?

各卓には「入場料」の設定がありますが、入場料というよりは「入場制限」の概念に近く、設定された入場料以上のコインを持っていないと段位戦をプレイできなくなるというものになります。(入場料は消費されず、場代が消費されます)

また、1対局において場代を含めてこの「入場料」以上にコインが減らない仕様ですので、対局でいくら負けても減るコインの最大量は決まっているということになります。

例えば、<銀の間・半荘戦>の入場料は3500コインとなっており、仮にマイナス10000点の4位だった場合、場代▲700コインと対局レートによる精算▲3500コインであわせて▲4200コインの喪失となるはずですが、実際は入場料の▲3500コインまでしか喪失されません。このとき引かれなかった700コイン分はプラス者の獲得コインから均等に減らされます。

各卓における入場料は以下のとおりです。(クリックで拡大)

 

宝箱からアイテムドロップ

段位戦の「銀の間」以上では、対局終了時に順位に応じて「宝箱解錠ポイント」が得られ、1000ポイント貯めるごとに素材アイテムを2個獲得できます。

この宝箱からドロップするアイテムは、「贈り物(緑)」「贈り物(青)」「宝玉」のいずれかとなっており、「輝石」や「祈願の巻物(ガチャ券)」がドロップすることはありません。

得られる宝箱解錠ポイントは東風戦か半荘戦か、4人戦か3人戦かによって違いがあります。

1位2位3位4位
4人戦東風戦+260+130+95+60
半荘戦+360+180+130+80
3人戦東風戦+170+100+40
半荘戦+240+135+50

おそらく4人戦・東風戦が一番効率がいいと思われます(流局や連荘がない場合1局あたり65ポイント)が、あくまで宝箱ドロップはおまけと位置づけて、自分がプレイしたい対局方法を選択するのがいいでしょう。

赤丸が獲得した宝箱解錠ポイント

 段位戦の流れについて

次は実際に段位戦に参加してからの流れをみていきましょう。

まずは脱「初心」を目指そう

段位戦を最初にプレイするときの段位は「初心★1」です。「銅の間」にしか入れませんのでまずは銅の間でプレイしましょう。

銅の間ではコインのやり取りは発生しませんので気軽に参加してみてください。

当面の目標は「雀士」へ昇格することです。

対局して得た段位ポイントが20点になると「初心★2」に、80点になると「初心★3」に、そして200点になると「雀士★1」に昇段することができます。

半荘戦で1位を取るとだいたい40~50点程度のプラスとなりますので、早ければ10半荘以内に「雀士」までたどり着くことができますので頑張りましょう。

コツとしては、段位点数は順位だけではなく素点も反映されますので、稼げるときは大きく稼いでデカトップを目指すことです。素点を稼ぐことで効率よく段位点数を獲得することができます。

例えば<銅の間・4人戦・半荘戦>において、35000点でトップの場合の段位点数は【素点10+順位ポイント35=段位点数45点】となりますが、60000点でトップの場合は【素点35+順位ポイント35=段位点数70点】となり、大きな差があることが分かります。

逆にダンラスで心が折れそうな場合でも、少しでも素点を取り戻せるように諦めずに打つべきです。

東風戦と半荘戦どちらがオススメ?

麻雀初心者の方は東風戦(四人東・三人東)をおすすめします。

対戦相手が格上であれば短期決戦のほうが上位になれる可能性が高いですし、慣れないうちに半荘戦は結構体力を使いますので、無理せずに試合時間の短い東風戦で練習してみてください。

たとえ負けが続いても、「初心」のうちは降格もコインのやり取りもありませんので安心です。

逆に、麻雀経験があり「初心者には負けない」という方は、半荘戦(四人南・三人南)でトップを目指すほうが確実です。

東風戦だと万が一振り込んでしまった場合の巻き返しが困難ですが、半荘戦なら実力差があれば逆転トップの可能性が高くなります。

ただ、「初心」を抜ける最短ルートは「東風戦でトップを取り続ける」になりますので、自信がある方は東風戦でもいいかもしれません。(東風戦の順位ポイントが1位+25に対し、半荘戦は1位+35のため、同じ局数なら東風戦で勝ち続けるほうが効率が良い)

段位を上げ雀聖・魂天を目指そう

無事「初心」を抜け「雀士」に昇格したら、アイテムドロップなどのボーナスがある「銀の間」へ参戦できるようになります。

その後はどんどん対局を重ねていき、より上の段位を目指しましょう。

各段位のレベルとしては、

・「雀士」までが初心者
・「雀傑」が中級者(天鳳初段前後)
・「雀豪」が中~上級者(天鳳五段未満)
・「雀聖」は上級者(天鳳五段以上)
・「魂天」は超上級者(天鳳八段以上)

という感じでしょうか。(あくまで筆者の感覚です)

※最近玉の間のレベルが上がってきているので少し修正しました。

段位戦のコツ

段位戦を戦う上でのコツとしては、1位を目指すことも大切ですが、段位が上がれば上がるほど4位のときのマイナスポイントが大きくなりますので、いかに4位を取らないかがより重要になることを心に留めておいてください。

また素点も重要になりますので、稼げるときはがっつり稼ぎ、負けていても投げやりにならないことも大切です。

どの卓で対局するかの選択は、自分が入場できる最も上位の卓を選ぶことをおすすめします。

下位の卓に入ると、1位のプラスポイントと4位のマイナスポイントの差が広がってしまい、ラスを引かされたときのダメージが相対的に大きくなります。

例外として「雀聖」の4人戦は「玉の間」と「王座の間」で1~2位のプラスポイントがさほど差がないので「玉の間」を選択してもよいでしょう。(あまり王座の間に卓が立たないというのもあります)

コインがなくなったら?

段位戦を多くプレイしているうちにコインが不足してくることがありますので、コインの入手方法を別記事にまとめました。

関連記事

雀魂(じゃんたま)のゲーム内通貨に「コイン」というものがあります。素材アイテムの購入や段位戦の場代および対局結果に応じた精算で消費されるものになり、基本的には無課金で賄うことができるものとなっています。ただ、段位戦を多くプレ[…]

 

まとめ

本記事では『雀魂』の遊び方のベースとなる段位戦について詳しく解説しました。

しっかりと仕様を理解した上で臨むことで優位に立てることもありますので、ぜひ参考にしてみてください。