【体験談】マンションのフレッツ光(全戸加入プラン)が遅いときの解決法【IPv6でも遅いときはプロバイダを変更しよう!】

こんにちは、どっといんふぉ(@mahjongsoulinfo)です。

今回は自宅のインターネット環境を改善した時の話を書いていきたいと思います。

結論からいえば、プロバイダを変えることで回線速度が劇的に改善しました。

分譲マンションに備え付けのNTTフレッツ光(全戸加入プラン)がIPv6接続(IPv4 over IPv6)でも遅いとお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

※賃貸でもフレッツ光・全戸加入プランに入っているマンションであれば同様です。

※現状がIPv6接続かどうかよくわからないけどネットが遅くて困ってるという人も試してみる価値ありです。

NTTフレッツ光・全戸加入プランとは?
分譲マンションの管理組合が全戸分の光回線を一括契約することで安価にフレッツ光を利用できるサービス。
費用は管理組合で負担しているため、各世帯がインターネット費用をNTTに支払うことは原則ない。
賃貸マンションではオーナーが契約して付加価値として無料インターネットを提供しているケースもある。
参考:https://business.ntt-east.co.jp/service/zenko/
IPv6接続(IPv4 over IPv6)とは?
説明が難しいのでこちらのサイトこちらのサイトをご覧ください。
ざっくり説明すると、混雑を避けてインターネット接続できるIPoEという通信方式があって、それは本来一部の対応サイト(IPv6対応サイト)しか接続できないんだけど、それを全部のサイトで接続できるようにしたのが「IPv4 over IPv6」という技術、という感じでしょうか。(厳密には違うかも)
紛らわしいですが、「IPv4 over IPv6」にはいろいろなサービス名称があります。「V6プラス」「IPv6オプション」「transix(DS-Lite)
」「OCNバーチャルコネクト」「クロスパス」など。細部に違いはありますが、大まかには同じ「IPv4 over IPv6」です。ただし対応ルーターに違いがあったりするのでご注意を。
スポンサーリンク

筆者のインターネット環境

これまでも夜間のインターネット速度(下り)が10Mbps前後で不満には思っていましたが、このところ1~2Mbpsとなる時間帯が増え、ひどいときだと0.5Mbpsくらいまで落ち込むようになり、真剣に対策を考えることにしました。

このときの我が家のインターネット環境は以下の通りです。

・分譲マンション住まい
・管理組合が「NTT東日本 フレッツ 光ネクスト マンション・ハイスピードタイプ 全戸加入プラン」と光回線契約をしている
・管理組合が「WAKWAK for マンション全戸光」とプロバイダ契約をしている
・プロバイダのWAKWAKではIPv6接続(IPv4 over IPv6)を設定・利用している
・LANケーブルはすべてCAT.6カテゴリ以上のものを使用

・ルーターはバッファロー製「WSR-5400AX6-MB」(リンクは後継機)
・ホームゲートウェイは不使用

フレッツ光ハイスピードタイプは下りが最大200Mbps・上りが最大100Mbpsとギガタイプよりも低いですが、IPv4 over IPv6接続を利用すれば下り最大1Gbpsで利用可能となっています。

にもかかわらず夜間(22時ごろ)のインターネット速度はこの通り。

遅っそ…(泣)
これは特に遅いケースですが、21~23時頃はだいたい2~3Mbpsです。
昼間は2~300Mbps出ることもあるので夜間のトラフィック増加が原因だろうなとは思いますが、IPv6接続でこんなに遅いことってある??
. 

原因の切り分け

速度低下の問題は色々な原因が考えられますので、まずは原因の切り分けを行いました。

1.フレッツ網自体の速度は遅くないか

まずは、プロバイダやルーター等の影響を受ける前の光回線側(フレッツ網)自体が遅くなっていないかを調べました。

昔はNTTのサイトからログインとかしないと調べられませんでしたが、今はこちらのサイトで簡単に調べられるようです。

もろもろ選択して「測定する」を選ぶとインターネット回線速度が表示され、その下にある「確認する」ボタンをクリックするとフレッツ網自体の速度が表示されます。

フレッツ網では200Mbps近く出ており問題はなさそうです。

2.物理的な接続に問題はないか

ネット速度問題でありがちなのが、「規格の古いLANケーブルを使用していた」というもの。

CAT5カテゴリの最大速度は100Mbpsなので、物理的にそれ以上速度が出なくなります。CAT6カテゴリ以上のものを使用しましょう

うちはWI-FIだから関係ないよと侮るなかれ、光回線の終端装置(ONU)とルーター間のLANケーブルがCAT5で速度が出ていないというケースもあるようです。

以上を踏まえてすべて確認しましたが、いずれもCAT6以上のケーブルで破損等もありませんでした。

念のため抜き差しやルーター等機器の再起動もしましたが変化なし。ぐぬぬ。

3.IPv6の接続設定に問題はないか

IPv6接続にしているつもりが、実は設定ミスでIPv4(PPPoE方式)のままだったということもよくあるようです。

スピードテストでもIPv6の速度が表示されていたので問題ないかと思いつつ、一応ルーターの設定を見返しましたがやはり異常なし。

WAKWAKのHP上でもきちんとIPv6で接続されている判定でした。

4.プロバイダの問題?

原因の切り分けをしてきましたが、どれも異常なし。
何となくわかってはいましたが、やはりプロバイダがボトルネックになっている可能性が高そうです。
そして当マンション管理組合が契約しているプロバイダ「WAKWAK」はTwitter上でも速度が遅いとのレビューが多くあまり評判は良くありません
WAKWAKのIPv6接続で2Mbps前後というツイートも見かけました。仲間!上り速度だけはしっかり出ているのも同じです。

ただマンション管理組合のプロバイダ契約先をWAKWAKから変えるためには、組合員の合意を取ったりする必要があってかなり骨が折れそうなので諦め、個別に新規プロバイダと契約する方向で検討することにしました。
. 

プロバイダ乗り換え作戦

そもそもフレッツ光・全戸加入プランって、個人で勝手に契約したプロバイダを使っていいの?と思われる方もいるかもしれませんが、そこは問題ありません。

ルーターの設定画面で新たなプロバイダの設定さえしてしまえば、フレッツ光・全戸加入プランでも問題なく個別契約のプロバイダでネット接続可能です

ただし当然ではありますが、管理組合が支払っているプロバイダ料金とは別に、個別に契約したプロバイダ料金を自身で直接支払う必要があります。…がやむをえません。

というわけで、さっそくプロバイダ探しを始めました。条件は以下の通り。

・予算は月額1000円程度
・IPv6接続(IPv4 over IPv6)が可能であること
・回線速度のレビューが悪くないこと

この条件で候補に挙がったのは「GMOとくとくBB」「インターリンク」の2社でした。

サービス名GMOとくとくBBインターリンク
IPv6接続対応(V6プラス)対応(transix)
料金月額1,090円(税込)月額1,100円(税込)
ホームページこちら
こちら

これ以外でも多少安いプロバイダはあるものの、回線速度に関する悪評が目についたためスルーしました。

というわけで以下ではこの2社を詳しく見ていきます。

GMOとくとくBB

まず「GMOとくとくBB」です。概要は以下の通り。

 会社名GMOインターネット株式会社
サービス名GMOとくとくBB「フレッツ光V6プラス」
ホームページこちら
IPv6接続対応(V6プラス)
初期費用0円
月額料金月額1,090円(税込)
ルーターのレンタル料込み(レンタル必須)
キャンペーンなし
解約時最低契約期間24カ月
最低契約期間内での解約料11,000円(税込)

お名前.comやGMO証券でおなじみのGMOインターネット株式会社が運営しています。

特徴はルーターレンタル料込みの料金設定で税込1,090円となっておりコスパが良いこと。レンタルできるルーターは1万円以上する製品なので、IPv6対応ルーターを持っていない人にとっては特におすすめです。

そして「フレッツ光V6プラス」についていえば回線速度についてTwitter上のレビューでも安定的に100Mbps以上が出ている印象で、GMOも自信があるのかユーザーの回線速度を積極的に公開しています。

受賞実績もあるため安心感があります。

>>『2020年 オリコン顧客満足度®ランキング プロバイダ』の「広域企業」で2年連続の総合1位を受賞
>>4年連続で『「v6プラス」最優秀パートナー賞』を受賞

一方で、最低契約期間24カ月というのがネックとなります。しかも期間中の解約料が11,000円(税込)と激高

回線速度はレビューを見る限り問題なさそうではありますが、ベストエフォートのため100%改善するとは言い切れず若干不安が残ります。

あと私の場合はIPv6対応ルーターを持っているので、ルーター込み料金というのが逆に損に感じちゃいました。

IPv6対応ルーターを持っていない人はリスクを覚悟で利用してみる価値はあると思います。

★GMOとくとくBB「フレッツ光V6プラス」の詳細はこちら↓

 

インターリンク

続いて「インターリンク」。概要は以下の通り。

 会社名株式会社インターリンク
サービス名インターリンク「フレッツ接続 ZOOT NATIVE」
ホームページこちら
IPv6接続対応(transix)
初期費用0円
月額料金月額1,100円(税込)
キャンペーン最大2カ月無料体験
※無料期間での解約可能(解約料なし)
解約時最低利用期間なし
解約料なし

あまり聞きなじみがないかもしれませんが、プロバイダ業界で1995年からサービス提供を続けている老舗です。

インターリンクの最大の特徴は、契約の翌月末までの最大2カ月が無料で利用でき、しかも解約料がかからないという点です。

前述のGMOのように解約時のリスクを考えることなく「じゃあ試しにやってみてダメだったら解約すればいっか!」で試せちゃうのが素晴らしいですね。

肝心の回線速度については人によってばらつきがあったので一概には言えませんが、100Mbpsオーバーが多いけど一部10~50Mbpsの人もいるという印象でした。

デメリットが見当たらないので、IPv6対応ルーターを持っているのでとりあえず試してみたいという人にはピッタリです。

★インターリンク「フレッツ接続 ZOOT NATIVE」の詳細はこちら↓


. 

インターリンクにプロバイダを乗り換えた結果

というわけで、最大2カ月無料お試しができる「インターリンク」と契約してみることにしました。

契約は簡単。5分程度で必要事項の入力で申し込みが完了。その後、1時間程度ですぐにネット接続可能となりました。

詳しい申し込みの流れはこちらをクリック
ここでは申込の流れを解説します。

1.申し込み前の注意事項の確認

こちらのページの「お申し込み前にご確認ください」「利用可能なフレッツ光回線タイプ」の部分を読み、問題がないことを確認します。

現在契約中のプロバイダ(私の場合はwakwak)でIPv6接続オプションを利用している場合は、事前にIPv6接続オプションを解約(利用停止)する必要があります。(プロバイダ自体の解約は不要です)
wakwakの場合はオンライン会員サポートからIPv6接続オプション利用停止の申込みができます。
申し込み後、翌営業日から利用停止となりますので、あらかじめルーターの設定をPPPoE接続に切り替えておくといいでしょう。

2.申し込み画面へ進みメールアドレス認証

こちらページの一番下の「今すぐお申込み」をクリックして申し込み画面へ進みます。

「STEP1新規お申し込み」画面①

「いいえ」をチェックし「次へ」をクリックします。

「STEP1新規お申し込み」画面②

メールアドレス入力し「次へ」をクリックします。

STEP2受信メール確認

受信したメールのURLをクリックするとメール認証が完了し、登録画面に進みます。

3.必要事項を入力し申し込みをする

ZOOT NATIVEに関する注意事項

注意事項を読み問題なければ「はい、確認しました。」にチェックを入れます。

STEP3お客様情報入力・フレッツ回線について

お客様情報入力欄に必要事項を入力し、「フレッツ・v6オプションの契約について同意する」にチェックを入れます。

IPv4固定IPの利用

特に必要なければ「不要」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

現在契約中のプロバイダのIPv6接続オプションの解約が済んでいない場合は、このタイミングで以下のエラー表示が出ます。
オプションを解約してから再度申し込みしましょう。
STEP3お客様情報入力
必要事項を入力して「次へ」をクリックします。
STEP4申し込み内容確認
内容を確認し「確認して申し込みをする」をクリックします。

STEP5登録完了

登録完了画面が表示されます。

4.約1時間後、ルーターを設定してインターリンクの接続設定を行う

約1時間後に、「ZOOT NATIVE サービス登録完了のご案内」という件名のメールが届きます。

このメールが届いたらサービスを利用開始できます。

同メールに記載されたマニュアルのリンクを参照してルーターの設定をしましょう。

5.開通

ルーターの設定完了後、インターリンクでのインターネット接続(IPv6接続)開始となります。

インターリンクの回線速度

問題なくインターリンクでIPv6接続ができましたので、22時にスピードテストを行いました。

※ISPの選択肢にインターリンクがなかったため「その他」を選択しています。

 

ダウンロードが200Mbps超えたーー!!!

IPv6のアップロード速度は下がってしまいましたが、ダウンロードがこれだけ出れば大満足です。

やはりプロバイダが原因だったことがはっきりして、気持ち的にもスッキリしました。

回線速度でお悩みのフレッツ民の皆様、プロバイダ変更を検討しましょう!オススメです!!

※あくまでベストエフォートなので100%改善するとはいえませんが、インターリンクなら全部無料で試せますので、ダメだったら解約すればいいんです。

. 

まとめ

インターリンクにプロバイダを乗り換えることで、夜間でも200Mbps以上の速度が出るようになり、ストレスがなくなりました!

一番遅かったときと比較して500倍。通常時でも平均すると70~100倍くらいになり、もう言うことなしです。

インターリンクなら費用無しで解約できるという安心感があったのもよかったです。

2カ月後からは月1,100円(税込)がかかってしまいますが、満足しているので何もなければこのまま契約を継続しようと思います!

追記

全く問題がなかったので、現在も有料で継続利用しています!

 

フレッツ光の回線速度でお悩みの方は、まずはプロバイダ変更を無料でお試しになってみてはいかがでしょうか?

>>インターリンクのホームページはこちら


雀魂の最新情報をツイート中!