ゲームブログをWordPressで開設する方法を解説!レンタルサーバーは「mixhost(ミックスホスト)」がオススメです!

こんにちは、どっといんふぉ(@mahjongsoulinfo)です。

このページでは当サイト「雀魂.info」でも利用しているレンタルサーバー「mixhost(ミックスホスト)」を使用したWordpressブログの開設方法を解説します。

ゲームブログを作りたいと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

 

レンタルサーバーの選び方

レンタルサーバーサービスにはいろいろありますので調べていただきたいのですが、私が調べた限り、『mixhost(ミックスホスト)』か『エックスサーバー』の2択かと思います。


この2つならいい意味で似たり寄ったりなのでどっち選んでも後悔しないと思います。

当サイトでmixhostを使っていて全く不便していないので、私的にはmixhostがオススメです。

というわけで以下ではmixhostのおすすめポイントと、実際のブログ開設までの流れを説明していきます。

 

mixhostのいいところ

①ブログ開設までが超簡単

まずゲームブログを立ち上げるにあたっての大前提として、無料ブログ(はてなとか)はオススメしません。

趣味の範囲で自己満足で運営するならそれでもいいですが、攻略ブログ等で多くの人に見てもらったり広告を入れたいということなら、SEO的にもWordPress(ワードプレス)一択です。

※SEOとは?
googleとかに上位表示するためのテクみたいなものです。
※WordPressとは?
ブログ管理システムみたいなもので、好きなテーマ(テンプレ)を入れてブログをデザインできて、デザインに自信がない人でも余裕でサイト構築可能なすぐれものです。

で、そのWordPressですが、WordPressでブログを始めるのは本来かなり面倒です。

流れとしては、サーバー契約、ドメイン取得、サーバーとドメインの紐付け、WordPressをサーバーにインストール・・・などの手続きをしなければならない。

聞いてるだけで嫌になっちゃいますよね。

これがmixhostの場合は、15分程度の手続きでまとめてサクッと出来ちゃいます。

ブログ立ち上げって今はこんな簡単にできるの!?と衝撃を受けました。

私の時はまだこのクイックスタート機能がなかったので全部自力でやりました…大変だったなぁ(遠い目)

というわけで、mixhostクイックスタートのやり方は後ほど説明します。

エックスサーバーにも同様の機能があります。

②めっちゃ軽い&安定感

ゲームブログは画像をたくさん使うので、表示速度や安定性はとても重要です。

mixhostはとにかく表示速度に優れているレンタルサーバーです。

実際2年くらいmixhostを使って速度や安定感に不満を持ったことは一度もなく、サーバーダウン等のトラブルも全くありません。

これに関してはレビューを見る限りエックスサーバーも負けてないようですが、理論上はWordPressとの相性はエックスサーバーよりmixhostのほうがいいようです。

というのもwebサーバーソフトウェアに差があって、エックスサーバーは「Nginx」、mixhostは「LiteSpeed」を採用していますが、mixhostの「LiteSpeed」の方がWordPressの実行速度が12倍速いといわれてます。

以下、mixhost公式サイトより引用。

LiteSpeed Webサーバーは非常に高速で安定したWebサーバーです。
Apacheと完全な互換性を持ち、今まで利用してきたWebアプリケーションをそのままご利用いただけます。
例えばWordPressの実行速度はApacheよりも約84倍、nginxよりも12倍高速です。

SEO的にはサイト表示速度が早ければ早いほど検索上位表示されやすいので、mixhostの方がいいんじゃないかなと思います。

現に当サイトでは検索1位のワードが(複数条件含めて)450個くらいありますので少なからず効果はありそう。

③月額料金がエックスサーバーよりちょっとだけ安い

価格面でもmixhostが優位です。

当サイト程度のPV数であれば、mixhostの一番安いプランで十分です。

mixhostの一番安い「スタンダードプラン」は12カ月契約で月額1,078円

エックスサーバーだと最安プラン「スタンダードプラン(旧X10プラン)」で12カ月契約で月額1,100円。

mixhostの方がちょっとだけ安いですね。

ちなみにmixhostは今、スタンダードプランの上の「プレミアムプラン」が半額キャンペーン中(12カ月契約で月1,089円)なので、月間20~30万PVじゃ足らん!100万PV目指すぞ!!って人はプレミアム契約もアリかも?容量、転送量の他、CPUやメモリも強化されますので。ただし契約後に下のプランへダウングレードできない点には注意が必要です。

エックスサーバーもタイミングによっては利用料金のキャッシュバックをやっていることがあり、そちらの方がお得なケースもあります。

④初期費用無料&取得ドメインが永年無料

月額料金以外にもかかる費用があって、これもエックスサーバーよりも安いです。

まず、初期費用。エックスサーバーは初期費用が3,300円かかりますが、mixhostは初期費用が無料です。これが意外と大きい。

次にドメイン代。「~~~.com」とかのサイトのURLですね。これは毎年1,500円前後かかりますが、mixhostはドメイン永年無料キャンペーンをやっていて、初回サーバー契約期間を12カ月以上にするとドメイン代が永年無料となります。永年って!!

ちなみにドメインは「.com」か「.net」にすることをお勧めします。いくら安くても「.xyz」とか「.tokyo」とかだと即ブラウザバックする人もいると思います。

なお当サイトは深く考えず1年目1円だった「.info」にしちゃいました。サイト名にもなってるからいいんですけど。

エックスサーバーもタイミングによっては初期費用無料キャンペーンやドメイン永年無料をやっていることがあるので、そちらもチェックしてみてください。

⑤30日返金保証アリ

ブログを始めるかどうか迷っている人は、まずは試しにちょっとだけ触ってみたいと思うハズ。

mixhostはその点安心です。

初期費用無料もそうですが、さらに「直ちに解約する」手続き&サポートへの連絡をすることで、30日以内であれば支払った月額利用料金が全額返金されます。

というわけで気兼ねなくお試しのつもりで契約しちゃいましょう。

なお、全額返金狙いの場合はふたつ注意点があります。

ひとつめは、支払方法を銀行振り込みにしないこと。銀行振込は返金の際に手数料2,000円がかかってしまいますので、クレジット決済にしましょう。

ふたつめは、解約した場合は前述の「ドメイン永年無料キャンペーン」が対象外となってしまうという点。返金額からドメイン代(初回登録分)が差し引かれてしまいます。

なので、解約する可能性が高い場合は安い「.xyz」ドメイン(100円ちょっと)で試してみてもいいかもしれません。

そのまま本運用するのはおすすめしませんので、その後は「お名前ドットコム」ではたまに無料や1円でドメイン取得することができるキャンペーンを行っていますので、そちらもチェックしてみるといいでしょう。

もちろんお名前ドットコムで取得したドメインもmixhostで使用できます。


 

mixhostのだめなところ

①サポートがエックスサーバーより手薄

個人的にはだめと思ったことはないですが、しいて言うならサポートが手薄のようです。

電話サポートがないため、何かあった場合はメールでのやり取りになり、レスポンスが遅れがちとのこと。

この点が気になる方はエックスサーバーの方が良いかもしれません。

 

サーバー契約からWordPress開設までの流れ

ここからは契約から開設までのレクチャーです。

ご活用ください。

①mixhost公式サイトへ

まずは公式サイトへ行きます。

>>mixhost公式サイトはこちら


②今すぐ申し込みをクリック

下記画像の「今すぐmixhostをお申し込み!」をクリックします。

③レンタルサーバーのプランを選択

次にプランを選択します。

基本的にはスタンダードで十分です。

期間については期間が長いほど月額が安くなります。また、前述の通り12ヶ月以上の契約でドメイン代が永年無料になるので、12ヶ月以上の契約を推奨します。

めちゃめちゃ頑張るつもりの人は、プレミアムプラン以上の初回半額キャンペーン中の場合は、プレミアムプラン+36ヶ月の契約もアリです。ただし半額期間が終わってもダウングレードができないことに留意してください。

④WordPressクイックスタートの設定

WordPressクイックスタートの項目は「利用する」を選びましょう。入力項目が出てきます。

「サイトのタイトル」はあとで変更可能なので適当でいいです。

「ユーザー名」「パスワード」はWordPressのログインID・パスワードとなるので、自分が覚えやすいものにしましょう。

⑤ドメインの登録

ドメイン取得の項目です。

「新しくドメインを取得する」にチェックの上、空欄に希望するドメインの文字列を入れます。

重複しておらず取得可能なドメインの場合、12ヶ月以上の契約で「永年無料」と表示されます。

なるべく「.com」か「.net」を選びましょう。

下の方の「Whois情報公開代行無料」は必ずチェックを入れましょう。プライバシー保護に役立ちます。

なお、「お名前ドットコム」等の別サイトでドメインを取得した場合は、「自分のドメインを利用する」にチェックして必要事項を入力します。

⑥お客様情報の入力

「初めてご利用の方」にチェックの上、必須事項を入力してください。

⑦支払い方法入力と申込み

支払い方法を入力の上、右側の利用規約に同意しましたにチェックし、お申込みボタンを押すと契約完了となります。

前述の通り、30日以内に解約する可能性があるならクレジットカードでの決済を推奨します。

また、支払い方法入力欄の下側にクーポンコードの入力欄がありますが、無視して構いません。(上記のドメイン永年無料・プレミアムプラン半額のキャンペーンとの併用ができないため非推奨)

⑧契約完了

以上で契約完了となります。

ドメインが反映され、SSL(httpsのアドレス)が有効となるまで数時間~半日かかる場合があります。

半日程度寝かせましょう。

⑨WordPress利用開始

時が来たら、

https://(ドメイン)/wp-admin

にアクセスしてください。ドメインは⑤で取得した「~~~~.com」みたいなやつです。

するとログイン画面が表示されますので、④で入力したユーザー名とパスワードを入れてログインします。

WordPressのダッシュボードが表示されたら、ブログ開設までが完了となります。

 

WordPressのテーマはどうすればいい?

ブログ開設が終わったらあとはWordPressの初期設定をして、デザインを整えて、記事を書いていくだけです。

WordPressの初期設定なんかは別サイトが詳しいので譲るとして、WordPressでの実際のブログ運営に影響が大きいのが『テーマ』選びです。

WordPressでサイト構築するにあたっては『テーマ』を導入する必要があります。

テーマはWordPressのベース機能に色付けするためのもので、大まかにはデザインテンプレート的なものですが、SEOに強いテーマもあったりします。

無料のものもありますのでそれでも良いかと思います。無料テーマは『Cocoon』とかが有名ですね。

ただテーマを途中で買えるとレイアウトが崩れる恐れもありますので、本気で取り組む場合は最初から有料テーマというのもアリです。

私が使ってるのは有料テーマのThe Thor(ザ・トール)ってやつです。1万円以上しますが、有料テーマはだいたいどれもこんな感じです。

デモサイトのテンプレートが9個もあってインポートするだけでいい感じのサイトがすぐ完成する『デザイン着せ替え』機能が素敵で、デザインセンスがなくてもある程度のサイトができちゃいます。

またSEOに強いことに定評があり、当サイトもGoogle検索の1位表示をたくさん獲得しています。

下記バナーの公式サイトにおすすめポイントが色々書いてあるので興味があれば見てみてください。


 

まとめ

以上が、当サイトで利用しているmixhostのおすすめポイントと、mixhost使ったWordPress開設までの流れでした。

よかったら参考にしてみてください。

なお、レンタルサーバーは基本的にはmixhostでよいと思いますが、ライバルのエックスサーバーのキャンペーン内容によってはそちらの方がオススメとなる場合もありますので、両方チェックしてみることをお勧めします。

それでは。

mixhostはこちら↓

エックスサーバーはこちら↓

KindleUnlimitedで麻雀本が読み放題

登録方法・解約方法・対象麻雀書籍まとめ

読み放題対象 おすすめ麻雀本 23選
対象目安対象書籍
未経験者
初心者
中級者
上級者
三人麻雀